« 新しき萌え衣装 | Main | 次の仕事 »

September 23, 2004

台湾ネトゲ

ふとした縁から、台湾のネットゲームメーカーが集まるセミナーという奴を聞きにいったら、翌日台湾メーカーの中の人たちが集まっている場で逆にこっちが話さなければならない羽目になった。

で、司会やっている人(今はなき日立鉱山病院という同じ病院で生まれたという妙な関係の人だったりする)が「多少辛辣でもいいから思っていること全部言え」というので、「台湾のゲームって、キャラ立ちしてないし、シナリオとかもどかで見たことあるのばっかりだから、日本のオタはあまり買わないと思うぞ。」という旨のことを話した。

さらに、「日本ではエロゲ同人でも台湾産のモノより立ったキャラが作れる!キャラデザとシナリオは日本人にやらせろ」と続けた。

すると、「アジア全体を商圏とする場合、エッチゲームは作れない」とか言ってたんだが、会が終わって名刺交換の場になると、「実はウチもキャラデザとシナリオは日本人がいいと思っている。誰か紹介してくれんか?」とか言ってきたのね。上の「エッチゲーム」というのは、向こうの人がそのまましゃべっている言葉を書きつけたモノで、翻訳でもなんでもない。つまり台湾では「エッチゲーム」という発音の単語が普通名詞として定着している、ということなのだ。つまり、「ウチは作らん」とか言ってはいるが、そーいうモノがどーいうモノであるかものすごくしっかり知っていた、というコトなのである。ちなみに、台湾でエッチゲームを作っているメーカーはたぶんまだないとは思うが、エッチゲームは大量に売ってますよ。ほとんど全部海賊版だと思うけど。

んで、ここのページにあるうちの居候軍団のHPとかをプロジェクタ経由で開いてみせて、「ほれほれ、キャラは台湾産よりずっといいべ?」とかやったので、居候軍団の作品が、「台湾のネットゲームメーカーの社長の間で一番知名度の高い日本産エロゲ」ということになってしまった。

こーいうところはほとんどもう言ったモノ勝ちなとこがある、と思って飛ばしまくったので、ひょっとするとさらに妙な縁が発生して仕事することになるかも知れない。

|

« 新しき萌え衣装 | Main | 次の仕事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 台湾ネトゲ:

« 新しき萌え衣装 | Main | 次の仕事 »