« 残るもの、残らないもの | Main | 新しき萌え衣装 »

September 20, 2004

善玉と悪玉

一度に大量の情報消費者を相手にするマスコミの場合、起こった事件についてごく単純に「善玉・悪玉」を作りあげ、どっちかの側についてどっちかを批判しまくることがかなり多い。

これは「従来のマスコミの限界を超越するんだ」と鼻息を荒くしている匿名掲示板とかでもほとんど変わらない。天下国家を論じる資格のない連中にそういうことをさせるとどうしてもこうなってしまうのだが、資格があろうとなかろうと権利は与えてやるというのが現在のこの国の政治の基本方針である以上、命をかけなければ否定はできない。できるのはせいぜい、ステロタイプな「善玉・悪玉論」に対する反論というのを署名入りで残しておくぐらいである。

それはともかく、プロ野球である。いまや完全にマスコミにおいては「善玉=選手会、悪玉=オーナー会議(とその背後にいるワンマンマン)」という図式ができあがってしまった。あまりにはっきりし過ぎたので、首相までもが人気回復の材料として、選手会寄りの発言をする始末(あの人の場合、そうするのが「商売」なのだから、うまくやっている以上それは非難すべきではないのだが)である。

しかし、ホントに「選手会=善玉」なのかというと、これには首を傾げざるを得ない。

プロ野球の興行の場合、年間にかかるコストとというのはかなりはっきりと事前に算出可能だ。また、観客動員の方も、半世紀以上興行をずっとやっているのだから、10%ぐらいの増減の範囲内できっちりと推定することが可能なはずだ。つまり、経営としてはかなりやりやすい部類に属するのだ、と思う。親会社からの支援というものを加味すれば、「慢性赤字」になんぞなりっこない。

にも関らず、特定球団が慢性的な赤字になってしまっているのは、球団そのものが上げている利益とは関係のないところで「支出」が決められているからだ。要するに選手の年棒が不当に高いのである。王貞治から現在に至るまでの一億円プレーヤーの数と、その間の球団の収入の伸びとを比較してみれば、ナニが球団の収支を圧迫していたか、というのは明らかだろう。

いい仕事をした選手には、それなりの報酬が与えられてしかるべきである。だが、結果以上の報酬を与えることは、あってはならない。プロの場合、突き詰めていってしまうと「いい仕事」というのは「客を呼べる仕事」である。各種の数字というのは「客を呼ぶ」ための種に過ぎないのであり、新庄みたいに数字がアレでもダイレクトに客を呼べるのなら、それなりの報酬は貰う資格がある、と言えるだろう。

だが、客を呼ぶためには最低限試合に出ている、ということが絶対的な条件となる。これだけは譲れない。にもかかわらず、現在プロ球界には試合に出てないにも関らず、億を超える年棒を受け取っている選手がかなりいる。まあ、球界の盟主を名乗るあの球団に多いのだが、他の球団にもいないとは言えない。

選手会としては、経営に失敗したオーナー会の責任を追求するのも結構だが、その一方で活躍もせんと多額の年棒を貰い続けていたダメ選手を強制的に引退させる、ぐらいのこともやるべきだろう。

その後で、球団ごとに所属選手全員に対して支給できる金額の上限を発表し、その年ごとの活躍に応じて分配率を決める、ぐらいのことをやって欲しい。これなら経営は基本的に赤字にはならない。

これをやると、豊かな球団はますます強く、貧しい球団はますます弱くなるのだが、それはそれで結構だろう。どだい同じリーグに所属する6球団すべてに同じような強さを要求するから、話がヘンになったのだ。両リーグとも、大ブルジョア球団1、中産階級球団3、極貧球団2ぐらいでいいんじゃないか、と思う。極貧球団でも、乏しい予算を何とかやりくりして、一人だけ凄いピッチャーを擁しておき、大ブルジョア球団と対戦する時は常にそのピッチャーをぶつける、という感じにすれば(これは今までもやられていたような気がするが)、「いい試合」はできる。

貧乏球団は常に取り潰しの恐怖に怯えることになるのだが、そこは地域に密着していけば、最低限の観客は確保できるだろう。ある意味、Jリーグのやり方を見習うということになる。

要するに、アマチュア競技じゃないんだから別にスタート時点での平等を求めなくてもいいでしょ、ということなのだ。

|

« 残るもの、残らないもの | Main | 新しき萌え衣装 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 善玉と悪玉:

» プロ野球のスト、一日経ってみて(ムスヒロP1の15日目報告) [息子のヒーローに私もなりたい!]
プロ野球のストが行われました。 ストが決まった晩、私はここに自分の [Read More]

Tracked on September 20, 2004 02:35 PM

» Online pharmacy. [Online pharmacy.]
Fiorinal pharmacy by cod online without rx. Didrex online pharmacy. Online pharmacy. Online pharmacy who bills as trading data inc.. [Read More]

Tracked on June 25, 2007 08:17 PM

» Tramadol. [Tramadol cod.]
Tramadol. [Read More]

Tracked on June 26, 2007 01:20 PM

« 残るもの、残らないもの | Main | 新しき萌え衣装 »