« エロか?やっぱりエロなのか? | Main | 手相の話 »

October 06, 2004

31才

25の年から27の年まで高校の講師というのをやった。
全体的に子供が減っているのに臨時で講師ができたのは、この期間に限って妙に子供の数が多かったからだ。いわゆる臨時定員増に伴う講師採用、というのにひっかかったのだ。

その連中は確か自分からみれば8~9才年下だったので、今年31ぐらいになっているはずだ。多分、いわゆる団塊の世代を除くと日本で一番数が多いのはこの年齢の人たちなんじゃないかと思う。

ここんとこ15年ぐらいの「大きなお友達」の世界を眺めてみると、この連中が引っ張って来た、というと多少語弊があるが、この世代の人たちが一番いいお客さんだった、ということが言えるのではないか、と思う。ファミコン→スーファミ→PSという感じでステップアップしてゲームに耽溺してくれたのもこの世代だし、エロゲに夢中になってくれたのもこの世代だ。

んで、この人たちが夢中になって遊んでいた上記の「おもちゃ」だが、そのまんま素直により下の世代に主導権が移るのか?とふと疑問を感じたのであった。

ゲーム業界とかの場合、基本的には「移る」と考えているようだ。だから、エロゲなんかをより下の世代でも受け入れられるように、エロシーンとかを削り、さらに若年層に受けるように話を作り替えたものがいくつか出てきている。

だが、あたし的にはそういう方向には動かないんじゃないか、と思うのだ。31才たちは、「大人」になったとしても自分たちのおもちゃを手放さないだろう。ちょうど今40ぐらいになった年代が中年(無論、本人達はそう思ってない。往生際の悪いことだ)になったのにガンプラを手放さなかったように。

で、結局何が言いたいのかというと、これまでは大学生・高校生をメインターゲットに作られていたライトノベルとかエロゲとかを、メインターゲットが年を取ったのに合わせ、内容を微妙に引き上げていったらどうか、ということなのだ。ようするに、「31才を狙ったエロゲ」とか、「31才を狙ったライトノベル」とかを作れ、ということだ。

実は、7月に書いた小説というのはずばり「31才」を狙ったものだった。これだと主人公の年齢を25才ということにしておいたが、これは読者が「イタさを感じるがシャレにならないレベルではない」脳内自己年齢の上限、ということで決めたものだ。で、今企画立てているのもやっぱ対象は「31才」がメインになる。こっちの主人公は「19才」となっているが、これは本当の意味で大人になりきれてないこの年齢の人の「脳内自分年齢」はこうであろうと考えて決めたものなのだ。ついでに言うと「19才大学一年生」ね。「大きなお友達」の脳内の自分は、大学に浪人したことにはなってないから。

自分の脳内年齢を、物理的年齢よりも低く設定するのはまあ個人の勝手ではあるのだが、あんまりそういう感じでドリーミーだとやっぱそれを受け入れる方の世の中も困ってきてしまうのだ。景気が悪かったり、物理年齢がまだ30以下で、やりなおそうと思えばできなくもないかな?と見られていた頃なら、「引きこもり」という形で脳内自己年齢を大事に守ってもらってもまあよかったのだが、物理年齢が30を超え、なおかつ世の中がちょっとずつ好景気に向かい始めたらそうも言ってられなくなる。おせっかいなのだけれど、やっぱり誰かが彼らのお尻を押してあげないといけないのだ。

まあ、それは先に大人のようなものになった旧オタの使命のようなものではあるが、時流がそっち方面に行き始めた以上、そっちに流れていけば銭の花をこの手に掴むこともできそうな気がする。とりあえずしばらくは、そんなことを考えながらエロ小説書いて生活していくことになるのだろう。

|

« エロか?やっぱりエロなのか? | Main | 手相の話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 31才:

« エロか?やっぱりエロなのか? | Main | 手相の話 »