« シルクワーム | Main | 第一回非上流階級ビンボ決定戦 »

November 01, 2004

メシを喰わないことに対する呼び名

最近金に縁のない生活が続いている。

昨年夏に社員が大量離脱した関係でなんやかやと費用がかさみ、それを自分用の小遣いから出していたので、自分で使う分がなくなってしまったのだ。まあ、自分の小遣いがなくなる程度で、それ以上の被害が出てないのだから、よくやってると言えばよくやってることになるのだが。

それはさておき、現在の所持金であるが理由もなく米ドルに換算すると7ドル強である。上野から秋葉原への山手線には乗れるが、バグダッドからアンマンに行くバスには絶対に乗れない、というぐらいの金額である。本日出たと噂の新札はいつになったら拝めるものやら見当もつかない。かといって旧札ならありあまってるかというと、これもまた一枚もないのだが。

ああ、わが家から線路挟んで向こう側の公園には新千円札になった人の銅像があるし、すぐ前の大通りを2kmばかり行って右に折れた方向には、新五千円札になった人の記念館があるというのに…。

悲嘆にくれてしまう理由は実は他にももう一つある。嫁がメシを喰わせてくれないのだ。
あたしゃ自分の小遣いは削りまくったが、家に入れる金の方は以前通りにしてた。だから亭主ほどわが家は窮乏してない。にも関わらず嫁がメシを減らしたのは、7月にやった健康診断の結果が赤点だらけだったからだ。要するにデブを治さんと、そのうちぽっくり逝くから、という理由らしい。

まあ、最終目的が健康のためだとわかっていても、財布の中にごくわずかしか金がない状態だと、気分的にはかなり悲惨な感じがするものである。ここでタイトルの「メシを喰わないことに対する呼び名」なのだが、ある程度財布の中に金があれはそれは「ダイエット」とかのオサレな呼称になり、財布ごと一文も持たないような思い切りのよい状態だと、「断食修業」になるように、その人の経済事情によってさまざまに変化するもののようだ。ちなみに、ワタシが今そうであるように、財布の中に札のない状態でメシを抜かれるのは、「飢饉」とか「非常事態」とか言う言葉で表現される。無論、精神的に一番ダメージがきつい状態であることは言うまでもない。

|

« シルクワーム | Main | 第一回非上流階級ビンボ決定戦 »

Comments

名称追加。ゴールドクラスのクレジットカードを持ち、財布なしでも買い物ができるような人の場合、「ファスティング」などと言うらしい。

Posted by: 高安 | November 02, 2004 12:11 PM

What a data of un-ambiguity and preserveness of precious experience about unpredicted emotions.

Posted by: best dating sites | November 24, 2014 03:59 AM

I visit day-to-day a few websites and sites to read posts, except this webpage provides quality based writing.

Posted by: poemas de amor para mujeres hermosas | January 29, 2015 08:39 AM

Heya! I'm at work browsing your blog from my new iphone 3gs! Just wanted to say I love reading through your blog and look forward to all your posts! Carry on the superb work!

Posted by: minecraft free download full version | February 08, 2015 10:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メシを喰わないことに対する呼び名:

« シルクワーム | Main | 第一回非上流階級ビンボ決定戦 »