« 極右との噂に抗弁する | Main | 都心の憂鬱 »

December 21, 2004

IMEの学習

エロ小説を書くと、IMEが変な感じに鍛えられてしまう。

例えば、「くわえる」と打って変換キーを押すと、一般人のIMEは

「加える」

を第一変換候補に出すのだが、エロ作家の場合

「咥える」

になってしまうのである。これは恥ずかしい。他にも、「ちきゅう」が「恥丘」になったり、ごく単純に「ちち」と打ったら「乳」になってしまうなど、事例は数限りなくある。

だが今日、ワタクシがなんのきなしに「とかいは」と打って変換キーを押したら

「渡海派」

という候補が最初に出てきた。

どうやらワタクシはエロ作家でもない妙な生き物に変わりつつあるらしい。

|

« 極右との噂に抗弁する | Main | 都心の憂鬱 »

Comments

「渡海」...西方浄土に向かって、泳ぐのでしょうか?

Posted by: 山崎賢一 | December 21, 2004 11:01 PM

めしいてもなお日本への渡航をあきらめなかった鑑真和上なのかも知れません。

Posted by: 高安 | December 21, 2004 11:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IMEの学習:

« 極右との噂に抗弁する | Main | 都心の憂鬱 »