« 冬枯れ | Main | フェアプレイ »

December 15, 2004

この一年を振り返る

1月~2月。仕事がだんだんと減ってきた、盛りの過ぎたPCライターだった。

3月。PC系から手を拡げ、アキバ系評論本のようなものを書いた。うち一冊はオタクに袋だたきに遭い、もう一冊は全然売れなかったが、その後に繋がった。

4~5月。また売れないPCライターに戻る。

6月。売れなかったアキバ系評論本の第二弾、ということで、オタク啓蒙本なるものの企画を、潰れかけた版元の社長と共同で立てる。これがなぜか「お兄ちゃん。」なるタイトルの小説に化ける。

7月。「お兄ちゃん。」出版。1週間で増刷という快挙をなしとげる。(ただしそれ以上伸びず、全体的な冊数は同時発売の「えろたん」に及ばなかった)。「これだ」と思った版元の社長、PC本を捨ててしまい、ノベルズとネタ本のシリーズを立ち上げる。

8月。2作めの小説を書く。初期段階から構想が複数に分裂したため、スカウトしてきた女性ライターに「続編」を書かせる。実はほぼ同時期に「えろドリル」の社会の原稿も書いたのだが、危険な思想に満ちあふれていたためほぼボツになる。

9月。2作め出版。売れなかった。

10月。2作めの続編出版。評判は不明。スカウトしてきた女性ライターが書いた「らぶたん」は売れた。

11月。なぜか本業も忙しくなり、半狂乱状態になりながら3作めも書く。月末に他の小説出版社と打ち合わせをし、エロ小説家として後戻りのできないところに進み始める。

12月。3作めの見本が来た。版元のツテを辿って某大手出版社の編集さんを紹介してもらい、そこに見本をさっき送りつけた。

…こういう結末になるとは、年の頭には想像もしなかったな。

|

« 冬枯れ | Main | フェアプレイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この一年を振り返る:

« 冬枯れ | Main | フェアプレイ »