« 都心の憂鬱 | Main | 医療関係者からの仕事 »

December 25, 2004

これはちょっとイヤだ。

「忠臣蔵」のように、暮れの風物詩になってしまった「フランダースの犬」。

毎年クリスマスになると、あっちこっちの教会で、犬と抱き合っている少年の凍死体がみっかっちゃうわけですよ。

んで、それを見た人たちが、「やっぱり○○のやっているネロはいいねえ。」とか、「パトラッシュは三代前のがいい味出てたな」とか言う訳です。

ついでに、同じように風物詩化した「マッチ売りの少女」もいやだ。

|

« 都心の憂鬱 | Main | 医療関係者からの仕事 »

Comments

違った意味での「マッチ売りの少女」なら、既に定着したものかと。なんか遊人チックな(以下略

Posted by: 山崎賢一 | December 25, 2004 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これはちょっとイヤだ。:

« 都心の憂鬱 | Main | 医療関係者からの仕事 »