« August 29, 2004 - September 4, 2004 | Main | September 12, 2004 - September 18, 2004 »

September 11, 2004

24時間

ある意味、PCというか、デジタルデータを扱う機械はタイムマシンである、と言える。

自分なども、これがあるからこそ、並程度の才能しかなくても、強制的に執筆文章量を拡大し、何とか食いつないでいくことができているのだ。つまり、文字入力の速度を高めることによって、相対的に労働時間を引き伸ばしている、というわけだ。

ただしこうした方向でデジタル機器を使うことができるのはほとんど「仕事」方面に限られる。「遊び」方面に使おうとした場合、「タイムマシン化」は非常に困難になる。デジタル保存された音楽や動画を、より高い効率でもって人間の脳味噌に押し込むことが不可能であるからだ。できるのはせいぜい、エロビデオのドラマ部分を高速サーチで送ってしまう程度だろう。

PCの性能が向上すると、より高品質のデータをより大量に扱うことができるようになる。で、世の多くのエンジニアが消費者を巻き込んで「そういうのが求められている」と勘違いするようになる。つまり、どんどこデータの品質を高めていくと、それに応じて市場は右肩上がりに無制限に拡大していく、と思いこんでしまうようになるのだ。

ところが、人間に与えられている時間というのは例外なしに1日24時間で、高品質のデータをどかどかと与えられても、それを作り手の思い通りに消費することはできない。無理に消費しようとすると、社会一般との接続を断ち、その手のデジタル機器の前に貼りつかなければならないのだ。要するに、「ヒキオタ」状態になるわけね。

まあ、この手の人種の一部は、消費(多分に浪費)する情報量が多くなればなる程に、その世界におけるステイタス(つーか、脳内階級だが)が高まっていき、得も言われないカタルシスを味わうことができるようになるのだが、社会全体から見ればどんどん「いてもいなくてもどうでもいいヤツ」にしかならない。そりゃそうだ。外界との接触を持たないんだから。

何が言いたいのかというと、現在あっちこっちのテレビ局とか家電メーカーとかが押し進めようとする「高画質・多チャネル化」の路線というのは、ほどなく壁にぶち当たる、ということが言いたいのね。およそ人間は、人間である以上喰って寝て排泄してセックスする時間が必要だし、ヒキオタ以外の場合、これに加えて労働に自分の時間を割かなければならなくなる。シュミとか道楽に使うことのできる時間というのは、案外短いのだ。で、家電とかPCとかの機器は、消費者の持つこのわずかな時間を奪い合っているのだが、「高画質」を売りにして余暇を独占する戦略というのは、単にヒキオタを増殖させるだけで、社会全体に対してはあまりにも不健康な結果しかもたらさないからやめといたらどう?と考えてしまうのだ。狙うべきは、「高画質・多チャネル」ではなく、「並列処理が可能な、妥協できるレベルの品質・多チャネル」じゃねえかなあ、とまあ、かように思っているわけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2004

次回作

現在、ちょこちょこと意味不明な小説を出さして貰うようになった出版社の社長は、ガ□(←一応伏字)の編集者あがりというある意味凄い過去を持っている人である。

具体的にどのあたりが凄いのかというと、今では伝説になってしまっているあーいう漫画家とかこーいう漫画家とかと実際に顔をつき合わせただけでなく、「原稿よこせ」と催促をしたというあたりが凄い。

伝説に残るような漫画家というのはやはり私生活においてもかなりの○ちがいであり、○ちがいであるからこそ、原稿用紙を突き破って読者のハートを鷲づかみにするような迫力の作品が作れるのだそうだ。

まあ、その凄い過去をそのまま美しい思い出にしてくれるといいのだが、そうなってはおらず、現在付き合いのあるライターに向かって「あの漫画家のようになれ」と迫ってくるので多少困ってしまっている。ちょっと前の書き込みに、「浮気しろ」とか言われたとか書いたが、あれは冗談でも何でもない。本気でそう迫ってきているのである。本気だということが分かったから、こっちも真剣に可能かどうかを計算してみた(結論は「今は無理」だった)のだけれど。

で、その社長に12月発売予定の小説のネタを考えて持っていった。この版元の場合、ごく最近のヒット作が「えろたん」という本であるから、やっぱこういうのを買う人を対象にせねば、と思ってロボメイドが出てくる話を考えたのだ。ただし、こちらはオタにケンカ売ってさんざん叩かれた人間であるからして、ごく普通のオタが期待するような話は作らない。ロボメイドの飼い主のイタイところをこれでもかと描き、最後に腐女子と結ばれるように仕組んだ(テーマは「オタク・ミーツ・腐女子」)のだが、あっさりとダメ出しされた。「これは現代の『青い鳥』なんです。ロボメイドは最初青い鳥のように見えたけど実はそうではなく、隣の家に住んでいた30前後の、今どきガンダムWの同人やっててすべての友達を失くしたような腐女子こそが本当の青い鳥だったんスよ。現実をありのままに見ればいくらでも幸せは転がっているんだってことを、世のオタどもに知らしめましょう。」と熱弁を振るったのではあるが、ダメという結論に変わりはなかった。

何でダメなのかというと、オタにケンカ売っている姿勢が問題なのではなく、キャラ設定だけで話が完結しており、「雄大なストーリー展開」がないからダメなのだそうだ。社長曰く、小説なんだから、例えエロだろうと(エロだが)、読者の心に届くような何ものかが話の中に込められていなければならない、と。最終的には「『火の鳥』や『ブレードランナー』に迫るようなダイナミックなストーリーを描ききって欲しい。」てな感じのことを言われてしまった。

自分ではそんなことできるとは昨日まで思ってなかったのだが、やれと言われてしまえばはいそうですかと受けざるを得ない。しかしこうなると分かっていたんなら、ロボメイドが出てくるようなプロット(ロボメイドみたいなキャラは手塚作品には多く出てくるから残せ、と言われた)は考えなかった方がよかったかな、とちょっと後悔したのであった。

取り敢えず、明日からは弱音は吐かずに言われた以上の作品作るようにしますんで見ていてください>社長。あと、他の版元の編集者さんで、上の元のネタで書かせてみようと思う人いたら連絡よろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

リアリズムの追求

うちには子供がいるんで、しょっちゅう教育テレビの子供番組を見る。

子供相手のヒーローというと、比較的お気軽に空を飛んだりするのだが、最近では単に飛ぶだけではなく、それなりにリアルさを追求するものであるらしい。

何でこんなことを言い出すのかというと、こないだ連続して二つのお子様むけヒーローが大気圏再突入をやらかしたからだ。

そのヒーロー、片方はストレッチマンで、もう片方がアンパンマンである。

公式設定によると、ストレッチマンのあの黄色い服のように見えるものは皮膚であり、彼はいつも全裸でブラウン管に登場しているのだそうだ。ということは、年中あの人は全裸で大気圏突入をやらかしているということになる。

もう片方のアンパンマンは、言うまでもなく顔がパンである。ジャムおじさんは、大気圏突入しても燃えつきない材質のパンを作ることができるらしい。さすがは自分の創造したクリーチャーの脳味噌を見ず知らずの人に喰わせまくることを考えついたレクター博士も真っ青の親父だけはある。

いったいこれらの製作者は、上司の目の前でザクに乗ったまま燃えつきて死んだクラウンのことを何だと思っているのだろうか。面白いからこんどは豆腐とかクラゲとかに再突入させてほしいものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2004

ロシアの業

過激派の小学校占拠事に関するあっちこっちのコメントを見てみたら、だいたい「プーチンが強硬策を取り続けたのが原因」(大手マスコミとか)というのと、「事情が何だろうがテロは最悪。」というの、さらに「何でもいいけどロシア美少女のトップレスが見られてウマー」というのの3種類があるように思われた。まあ、最後の一つは人として屑としか言いようがないので無視するとしよう。

考慮すべきなのは先の二つの考えでしょうね。

ネットの掲示板などのフィルターをかけると、どうしても意見は「もっとも分かりやすい対立するもの」に分かれていく。だからこの意見結局のところ「ロシアが悪い」「いや、テロリストが悪い」という水掛け論(論拠は山ほど出てくるけれど、結局のところ全部屁理屈でしかない)のだけれど、善悪で言うのなら「どちらも正義の名を口にすることはできないだろう」というのをまず前提とすべきなんではなかろうか。

これは実はあたりまえのことなのだが、どうしてこのあたりまえのことをまず最初に断っておかなきゃいかんのかというと、今回の問題がロシア政府とテロリスト、という当事者間の事情を分析するだけでは不十分である、と思うからだ。

あたし的には問題の根本にあるのは、200年以上に渡ってげっすいことをやり続けて来たロシアという国の業のツケが今回って来たことだと思っている。まあ、げっすいことしなければ海への出口もない雪ばかり降る貧乏国であり続けなければならなかった(あまりに自然環境が厳しいので他国に征服され、支配されることも不可能)、というロシアなりの事情もあるとは思うが、帝政後期や革命前後、さらにはスターリン時代のああいう政策は悪のりのし過ぎというものである。

結局のところ、そういう暗黒極まりない先人の遺産というものがあるため、プーチンとしては「最強硬策」以外は取りようがなかったのではないか、と思うのですよ。あまりに積み重ねられた業が深刻なものであるため、ちっとでも手をゆるめると、それはすなわち「ロシアの崩壊」を意味すると。まあ、この場合、ロシアというのはすでに国名ではなく、「業」という語とほぼイコールなのだけれど。

いずれにしろ、開明的な思考を持っていたとしても(プーチンは持っているとは思わないが)、この手の問題には強硬策以外取りようがない、というのは、ゴルバチョフが連邦から独立の姿勢を示した各国に戦車派遣したことからもある程度明らかかと。

短期的に考えると、今回のドタバタの原因は、現代のツァーリになりたかったエリツィンがゴルバチョフ追い落としのためにソ連邦を崩壊させたことにある、と思う。これって世界史的に考えれば恐ろしい程の損失なのだけれど、権力のこと以外何も考えてなかったらしいこのアル中親父の支配の方が結果的に見れば長く続いた、というのは、エリツィン自身がロシアの支配者としてはゴルバチョフよりずっと「らしい」ものであったためかと思うとかなり皮肉な感じがする。

なんのかんの言っても、プーチンさんの場合、自分を一種のツァーリである(でなかったらロシアに君臨できんがな)と認識する以上、今後も最強硬策以外に選択肢はないし、最強硬策を取り続ければどうなるかはロマノフ王朝の末路を見れば明らかである。ただ、あんまり急激にロシアが崩壊し、国際政治バランスが崩れると困るところが多いので、諸外国は必死で支えてくれると思うのだけれど。

とは言うものの、日本にとってはこのロシアに「緩慢な死」を与え、千島(全島)と樺太とを分捕る、というのが一番国益に叶っているようにも思えるのだが、こんなこと言うと自称進歩主義者から叩かれるんだろうなあ。

ついでに言うと、幸いなることに日本においてはこの手の「業」の蓄積はここんとこ半世紀以上ないのだけれど、順調に「業」を蓄積している隣国がロシア以外にあと3つあったりするように思えるのは気のせいか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 29, 2004 - September 4, 2004 | Main | September 12, 2004 - September 18, 2004 »