« October 17, 2004 - October 23, 2004 | Main | October 31, 2004 - November 6, 2004 »

October 29, 2004

シルクワーム

ちょっと気になっていることがある。北朝鮮が盛んに実験というか試射を試みているあのミサイルについてだ。

ネットで調べてみると、旧ソ連のスティクスのパクリだとか、北朝鮮は意味もないのに射程だけ伸ばしたとか、射程最大(あちらがわの主張?)330kmでどうやって横須賀の演習を邪魔できるんだ、とかいうのは見つかったが、ワタシが知りたいのはそういうのではい。

高校だか大学だかの時に、シルクワームは実験中に対馬沖の東郷艦隊も真っ青の大回頭を演じ、自分の生みの親および育ての親を血祭りにあげた呪いのミサイルである、ということを聞いた覚えがあるので、その真偽を確かめたかったのだ。

結局それは確認できなかったけど、シルクワームが開発されてからこの半世紀ぐらいの間に、一隻の艦船も撃沈しておらず、戦果と言えるのはクウェートのデパートを撃破したことだけらしい、ということも分かった。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

コダックのデジカメ

なんか最近おかしなところからのOEMを売り始めたなと思ったら、結構気合いの入ったモデルを出して来たみたいで。

外見しか見てないけどそれだけで判断すると、何かオリンパスとコニミノのいいとこどりでかっこいい。微妙にメカメカしいので引力を感じますな。500万画素10倍ズームということで「ぶれんのかね?」という疑問はちょっと出てくるけど。

だが、純粋に引力で言うのならオリンパスE-300のが強いかな。あくまで自分にとってだけど。

コダックはDS20を二台も持ってるしね(そんなんと21世紀のデジカメを比較するな、という声も聞こえてきそう)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2004

えるかむとぅっじおってるかーりほーるにゃ

すでにかなり旧聞のような気もするが、楽天が自分とこの球団名を「イーグルス」にすると発表したようで。

でまあ、あたしの場合イーグルスというとタイトルのコレなんですが、カリフォルニアとトーホグは、マイアミと舞浜以上にイメージが合わないことおびただしいので、何とかならんものかと思ってますです。

まあ、吉田秋生「カリフォルニア物語」とか、この曲とかは青い空とパームツリー、という一般的なカリフォルニアのイメージとはかなり違うんだけど、そんでもトーホグのイメージとは重ならないでしょう。

トーホグだとやっぱ高橋竹山と三味線だと思うがいかがなものか。百歩譲ってブライアン・メイのブライトンロックか。

などと意味のないことを考えていたら、ホンモノのイーグルスがいつの間にやら来日してたとか。ひょっとして抗議しに来た?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2004

というわけで便乗企画

なんだかんだでバカをやればやるほどウケる土台が固まったようなので、ちょい便乗企画を立ててみた。今度は宗教書である。

宗教書と言ってもそう小難しいのではなく、単に「ひんぬー教徒」の聖典を作ろう、とそう考えただけなのだが。

タイトルは「バガヴァッド・ギーター」とか、「カーマスートラ」とかをもじって付けようと思ったけど、なんかいいの思いつかないのでもうちょい考えよう。

たぶん、コンセプト聞いただけで前2作買った人なら「またか」と思って注目してくれると思うけれど、ここまでオタに寄っちゃうと「えろたん」と同じ版元では出せないかも。

というわけで、この企画誰か買いませんか?今なら「えろたん」「えろドリル」の絵描きのSodyさんもつけます。

あ、今のところ本人は、「俺はひんぬー教徒の聖典ではなく、『楽しいむにゅーみん一家』が描きたいんだ!」とか言ってますが、説得しますんで大丈夫です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

腐女子的らぶたん

という本がある。「えろたん」「えろドリル」とバカネタを連発した版元の本である。買いたいヒトはここをクリック。

すでに版元も忘れていると思うが、元ネタを出したのはワタシだ。
至ってストレートな感性の持ち主であり、なおかつ出してる本をさらにストレートなエロに路線転換させようと考えている版元の社長は、「ホモ本出すなんて今から思えばとんでもない冒険だった」とか言ってたが、ネット上にぽちぽちと出始めた評判を読む限り、なんかいい感じに動いているようである。

ウホッなケのない普通のオタクの場合、「またバカなものを作りやがったな」とバカブランドとしてこの版元を認めてくれるようになった(週アスの「カオスだもんね」で紹介されたのも大きいかと)し、これまでこのシリーズに興味関心を持ってなかった腐女子層も何だか寄ってきたような感じだし。

ええ、内容の方は保証できまっせお客さん。なんせ本文書いたのは20代のホンモノの腐女子で、中年だという理由で発案者は執筆陣から外されてしまいましたから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

区別できません

何を隠そう、ワタシはDVとEDの区別ができない。

ああ、DVってコレのことで、EDってこっちのことだったのね。と気づくまでに平均15秒程かかる。

だからこういう記事を見ると、かなり大変なことになる。

夫のDVに無言の抵抗? 真夜中に包丁を研ぐ妻 台湾

何で区別できないかというと、単に「どっちも嫁にとっては迷惑」という程度の認識しかないし、自分の日常生活にとってどっちも無縁のものであるためだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

不謹慎な話

今日のネタは短いです。

テレビを見るたび、「イラクのサドル師ってパパイヤ鈴木にそっくりだなあ」と思うのですが、ぐぐってみるとそういうことを指摘したページって意外なまでに少ないんですよね。

やっぱり、わかっちゃいるけど怖いから指摘できないんだろうか。「ハダカの王様」みたいに。

ちなみにうちの娘は浅草サンバカーニバルを見て「ハダカの王様がいっぱい」と言っていた。
「おへそ出して人前を歩くのはいけないんだよ」とも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 17, 2004 - October 23, 2004 | Main | October 31, 2004 - November 6, 2004 »