« C-21Tの意外な機能 | Main | 下半身の大東亜共栄圏 »

January 19, 2005

ツキと運と命

というものを、分けて考えようとここで提案したい。

ツキというのは純粋に数学的確率の問題で、誰にでも起こり得る現象である。

だが、寄せては返すツキの波を分析し、それぞれに対して適切な対応を取っていれば、そのツキでもってであった人たちがその人に好印象を抱き、よりレベルの高い「運」という形の贈り物をくれるようになる。

要するに、行いの悪い奴にとってはツキはツキのままであり、「運」にまで高めることなぞできはしない、というわけだ。

オタはほとんどが「いつか俺にも運が向いくる。その時はビッグにのし上がるのだ」と妄想しているが、自分以外は人類と認めていないためにツキを運に高めることができない。というわけで、大部分のオタはそのままカンダダとなる定めとなっていると思う。お釈迦様でも助けられない。

さて、運というやつをさらに人徳でもって高めていくと、元気玉のようにあっちこっちからその人に対する期待というやつが集められてきて、何か大きいことをなさざるを得なくなってくる。ここではこれを勝手に「命」である、と定義する。

一応「命」は人徳の積み重ねでもできるのだが、ほとんどの場合運を命にまで高めている間に人間側の寿命が尽きてしまうと思うので、やっぱり天与のものと考えた方がいいんだろう。ちなみに、命はあったが運はない、というやつは歴史上かなりいる。義経なんかも命あって運なしの一例だと思う。命と運の両方があったのは太閤秀吉と北条早雲ぐらいね。

|

« C-21Tの意外な機能 | Main | 下半身の大東亜共栄圏 »

Comments

Hi, i think that i noticed you visited my weblog so i got here to return the favor?.I am trying to find issues to improve my website!I guess its adequate to make use of some of your ideas!!

Posted by: best dating sites | November 22, 2014 at 08:07 AM

you're in reality a excellent webmaster. The web site loading pace is incredible. It sort of feels that you are doing any unique trick. Also, The contents are masterpiece. you've performed a great process on this subject!

Posted by: best dating sites | January 16, 2015 at 12:18 PM

Its not my first time to go to see this website, i am visiting this web page dailly and take pleasant facts from here all the time. blogesaurus.com quest bars

Posted by: quest bars wholesale uk | January 25, 2015 at 01:07 PM

Hello there, just became alert to your blog through Google, and found that it is truly informative. I'm gonna watch out for brussels. I'll appreciate if you continue this in future. Numerous people will be benefited from your writing. Cheers!

Posted by: quick cash advance | February 14, 2015 at 02:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43986/2621318

Listed below are links to weblogs that reference ツキと運と命:

« C-21Tの意外な機能 | Main | 下半身の大東亜共栄圏 »