« いのちだよ… | Main | 張り倒せ! »

January 30, 2005

愛がないと辛いもの

部屋の中にiMacとLC575が転がっている。

はっきり言って、嫁にはうざがられている。イマドキのPCと比べると本体がでかいからだ。

こいつら、スタイルを売りにした製品なので、子供にはウケがよい。長男・大福丸と長女は、こいつを見ると争って電源を入れ、マウスを振り回して操作しようとする。一般的なPCに対するより、Macに対する食いつきがいいのは事実だ。カッコいいものに引き寄せられてしまうのは、大人も子供もあんまり変わらないらしい。

が、やっぱりMacって、特に日本の家族持ちに使われるということをまるっきり考えてない設計なんだよな~。

LC575については、とりあえずイーサネットアダプタを激安で手に入れ(アキバでジャンク品を漁った)、ネット端末にしようとしたが、安心できそうなブラウザが滅びており断念。そんならと68K用の怪しいDebianを突っ込もうとしたのだが、Xが起動せずこれまた断念。道具としては極めて中途半端な状態に陥る。いや、それしかない状態だったら、手を入れて「いい道具」に仕上げられるんだろうが、残念なことにワタクシの持ち時間は一日あたり24時間しかなく、LC575に割いてやれる余りはない。

iMacの方は、2年ぐらい前に「ガラクタMacを再生しよう」というムックを書くときに引っ張ってきたものだ。LC575と比べるとだいぶ新しいので実用になるかと思ったが、まず無線アダプタがくっつかない、という大欠点があることが判明。無線で繋がんないと、子供部屋に置くことはできんがな。あと、搭載メモリが32MBで、OS9入れたらアプリ一個起動しただけで壮絶にスワップしまくるらしいということもわかった。

無線の方は、イーサネット接続タイプの外部アダプタを使えば何とかなる。メモリの方も足せばよい。だが、それらを全部買うと、Macmini半分ぐらいに相当する銭を支払わなければならんのだ。だったら、もう半分出してMacmini買うわい。

という感じで、道具として使おうとしてもうまくいかんのだが、捨てるのももったいないしなあ、ということで、いまだに部屋の中に転がしたまんまなのだが、これ本当にどうにかならんだろうか。

|

« いのちだよ… | Main | 張り倒せ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛がないと辛いもの:

« いのちだよ… | Main | 張り倒せ! »