« しゃっほー | Main | もの書きの資質 »

March 19, 2005

ネタみっけ

いきおいで「ガネーシャが」などとコメントに書き込んで見たあとに、ふと気になって本物の詳細について調べてみた。なにせそれまで名前と格好(あと、インド象である、というところか)ぐらいしか知らなかったからね。

…で、わかったガネーシャの恐るべき素性。

母はパールヴァティ。父はなくて母が身体からこすり落とした垢で作られたそうな。でも美少年だった。

このガネーシャくん、生まれて最初に母親から命じられたのが、母親のお風呂の見張り。よーするに、母のハダカを他のヤツに見せないようにしろと言われたのだ。母ちゃん、生まれたばっかの息子(しかも美少年)に対して最初にしてやることってのは、もうちょっと違うことではないのか?

それはともかくガネーシャ、母の命令を守ってじっと番をしてたのだが、そこに来たのが父(義父)のシヴァ神。こいつは見張りのガネーシャをあろうことかノゾキと勘違いし、キレていきなり首をはねちゃったんだそうな。かわいそうなガネーシャ。

息子を殺されたパールヴァティは激怒し、亭主に「どうしてくれる」と迫る。んで困ったシヴァ、「次にここを通りかかったヤツの頭をぶった切って、こいつにつけて生き返らせるから…」と約束。

というわけで、カモは来ないか、と待ち構えるシヴァの家に、何も知らないのんきなインド象が通りかかる、と。

…インド人ってすごいなあ。ちょっといじるとすぐに小説のネタになりそう。

|

« しゃっほー | Main | もの書きの資質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネタみっけ:

« しゃっほー | Main | もの書きの資質 »