« 電波男の話 | Main | パンダの逆襲 »

May 21, 2005

おまいら女房が欲しいのか?

自分自身を強く固く「モテナイ奴」だと信じ込もうとしているやからは、大抵の場合、それと同時に強く固く理想の異性の出現というものを追い求めているのではないか、と思う。

ただ、多くの場合その「女の子が欲しいい~」という欲求は、イソップ童話の狐と同じように、「きっとすっぱいに違いない」という負け惜しみの形で表現されている。狭い自分の生活範囲内で観察した結果に過ぎないが、多くの若い女性は、自分の殻の中に微妙にこもりかけている自分に対してちょっと強引にアプローチしてくれる男性に反応する(レイプしろ、と言っているわけじゃねえぞ)ので、上記の狐のような態度を取ったら、以後完全スルーとなるのだが。

それはともかく、「モテナイ奴」だ。彼らはともかく、「女性的なあるもの」というのを強く追い求めている。が、それは「ホモサピエンスのメス」と呼ばれる生物にぴったりと重なるものであるか、というと極めて疑問なのである。先に結論を言っちゃうと、「モテナイ奴」の脳内彼女というのは結局のところ物理的な男性要素をすべて排除した自分自身に、母親の匂いを混ぜ込んだものなのではないか、と考えている。

こんなことを考えたのは、ひょんなことから自分自身がエロ文書きを商売とするようになってしまったためだ。そっち方面の読者にアピールするエロシーンを書くためにはどうすればいいか、ということをエロゲーとか見ながらリサーチしたのだが、その結果たどり着いたのは「女性が快感を得て満足する、という描写はうけない」ということだった。なんとなれば、読者の大半を占める男性にとって、それは共感不能であるためだ。いや、できないことはないが、実際にそういう経験が乏しい藻男にとっては、リアルな話ではないのだ。エロ描写は読者の脳内現実に対して常にリアルなものでなければならない。まだ多少元気な藻男にとって、最高にリアルなエロ描写というのは、自分自身が共感可能な男性キャラクターによる射精シーンである、と今では考えている。ちなみに、出す場所はどちらかというと、女性の膣内でない方が受けると思う。

が、藻男が年をとって動物のオスとしての能力が衰えてくると、射精シーンにすら共感できないようになる。結果、元はエロゲーと呼ばれたものから、絡みのシーンが抜けたものを好むようになる。この場合、テーマとなるのは、性行為という形でもともと異なっているものが出会う、ということではなく、本来ひとつであったが、何らかの原因で分かたれてしまったものが元の完全な形に戻る、ということになる。「純愛系」のヒロインは結局のところ、最後に結ばれる主人公と本質的に同一のものであり、たとえ申し訳程度に絡みが描かれようと、それは「男女のまぐわい」ではない。強いていうなら、男性キャラクターによる、女性キャラクターへの胎内回帰を、ごくありふれた形に表現しなおしたものに過ぎないのではないか、と思う。

結局、違うのだ。

その手の人が求めているのは、完璧な姿になって性さえ超越した「あるべき自分」の再生であり、異性や他人との出会いではない。「女房」と呼ばれる、墓穴の中まで付き合うことになる、自分とは別の存在、というものとは限りなく遠いものでしかない。

まあそうなると、一人でそういうのを求めるのは勝手だが、まるで関係のない「女性一般」「社会一般」に毒づくのはやめてくれんか、とイヤミのひとつも言いたくなる。

|

« 電波男の話 | Main | パンダの逆襲 »

Comments

そうやって攻撃するから反撃されるんですよ(^^)

Posted by: kiya2014 | May 22, 2005 10:11 AM

「女性が快感を得て満足する、という描写はうけない」というのは、わかるような気がします。というか、それはむしろレディコミの世界ではないんでしょうか。

あと、ある程度年を食うと、男性自身の精力の衰え、女性の性欲の高まりというミスマッチが存在してきますので、ますますそういうシチュエーションは、男にとっては萎えるものかと思われ。

Posted by: 山崎賢一 | May 22, 2005 11:49 PM

だから今後は女性向け作ろうかなどとも思ってるのですけどね。

Posted by: 高安 | May 23, 2005 09:04 PM

Hey just wanted to give you a quick heads up. The text in your article seem to be running off the screen in Internet explorer. I'm not sure if this is a formatting issue or something to do with web browser compatibility but I figured I'd post to let you know. The layout look great though! Hope you get the problem fixed soon. Cheers

Posted by: best dating sites | December 20, 2014 05:17 PM

Thank you for the auspicious writeup. It in fact was a amusement account it. Look advanced to far added agreeable from you! However, how can we communicate?

Posted by: best dating sites | January 08, 2015 12:03 AM

Hi there, after reading this remarkable paragraph i am too delighted to share my familiarity here with friends.

Posted by: sheet pile ชีทไพล์ ตอกถอนเช่าชีทไพล์ | August 31, 2015 02:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おまいら女房が欲しいのか?:

« 電波男の話 | Main | パンダの逆襲 »