« 歩く | Main | Fマーキュリー回路 »

July 13, 2005

仮面ライダーとバイク

80年代にバイクブームというのがあった。

これは、幼少期に仮面ライダーを見てカウリングバイクのカッコよさに目覚めた連中が、小学校高学年から中学校にかけて「750ライダー」でさらに刷り込みを強化されていった結果生まれたもんだとワタクシは勝手に解釈している。「ふたり鷹」や「ペリカンロード」などそっち系の作家が描いた作品がヒットしたこともあり、当時は「オタほどバイクに乗る」という状況が出来上がっていたのだ。実はワタクシもその一人だが。

で、古めのオタたちに巨大な影響を与えた仮面ライダーのバイクだが、今冷静に考えてみると本当にカッコよかったのは一号・二号のサイクロンだけだったような。V3のタイフーンやXのクルーザーなんかは、空力抵抗とか無視したデザインになっちまっているので、どーもリアリティがない。ストロンガーのカブトローはどう見てもライトに変なマーク貼った普通のバイクだし、アマゾンのジャングラーについてはコメントしたくない。やっぱ、初期の仮面ライダーシリーズが飽きられていったのは、バイクがどんどんカッコ悪くなっていったことも一つの原因として考えられないのか?などと思ってしまうのである。

その後しばらくのインターバルを置いて復活した仮面ライダーや、平成ライダーにおいてはバイクの影はどんどん薄くなる一方。中にはハーレーに乗ってたスーパー1というのもいたけど、ハーレー(しかもクラシック系)って、「速いバイク」じゃないもんね。

とまあ、ざっと見るとやっぱりサイクロンを超えるカッコいいバイクってのは、その後の仮面ライダーシリーズには出なかったような気がする。んが、今度劇場版でやるという本郷猛と一文字隼人の映画では、初代に迫る美しいサイクロンが登場しましましたのですね。

美しい、って言ったって、特にどっかいじくったというわけじゃなく、CBR600RRの色塗り替えただけなんですけど。元がオリジナルのサイクロン以上に空力を考えたほんまもんのフルカウリングバイクだから、すっげえリアルな感じがするんでしょうな。子供が見たってありゃあ「あ、速そう」と思うでしょう。

というわけであれ欲しい。ホンダさん売り出して。買ったあとでどういうかっこして乗ればいいのか絶対悩むだろうけど。

|

« 歩く | Main | Fマーキュリー回路 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仮面ライダーとバイク:

« 歩く | Main | Fマーキュリー回路 »