« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »

July 22, 2005

再来週の予定

時たま出てくる潰れたブランド復活ネタですが。

新しい版元の社長さんと、さ来週また会って話するですよふふふのふ。

新盆を迎えるまでには、目処つけたいけど、気がついたら一緒に盆送りしてたりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2005

オレオレ!

正義の無職マンことを司法浪人イシダ君のサイトに、今年の司法試験の問題の一部が出てた。

>【民法】
>
>第1問
> 工場用機械メーカーAは、Bから工場用機械の製作を請け負い、これを製作してBに
>引き渡した。その工場用機械(以下「本件機械」という。)は、Bが使用してみたところ、
>契約では1時間当たり5000個程度の商品生産能力があるとされていたのに、不具合
>があって1時間当たり2000個程度の商品生産能力しかないことが判明した。そこで、
>Bは、直ちに本件機械の不具合をAに告げて修理を求めた。この事案について、以下
>の問いに答えよ。なお、各問いは独立した問いである。
> 1.Bはこうした不具合があったのでは本件機械を導入する意味がないと考えている
>が、本件機械を契約どおりの商品生産能力の機械とする修理は可能である。Aが修
>理をしようとしないので、Bは代金を支払っておらず、また、Bには商品の十分な生産
>ができないことによる営業上の損害が発生している。この場合に、Bの代金債務につ
>いての連帯保証人であるCは、Aからの保証債務の履行請求に対してどのような主
>張をすることができるか。
> 2.Aが修理をしようとしないため、Bはやむを得ずDに本件機械の修理を依頼し、Dは
>修理を完了した。その後、Bは、営業不振により高利貸からの融資を受ける状態にな
>り、結局、多額の債務を残して行方不明となり、Dへの修理代金の支払もしていない。
>この場合に、Aは本件機械の引渡しの際にBから代金全額の支払を受けているものと
>して、Dは、Aに対してどのような請求をすることができるか。

2のDってのはオレのことか?

……この問題で、論理破綻なくDに代金全額+慰謝料が受けられるようにする答案を書いた方は、謹んでわが社の法律顧問にお迎えいたしますので、連絡ください。 (本気にしないでね)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 20, 2005

没企画の供養

ハードディスクの整理をやってたら、古い企画書が出てきた。

流行に合ってないので、このままではまず日の目を見ることはないので、ここで公開しちゃおうと思う。

タイトル:ソフトウェアの謝肉祭

市販されているパソコン用のソフトウェアには、「商品」として生まれてきたが故に持たされる独自の性格がある。これは、そのソフトウェア自身の本来持っている性格とは微妙に異なっている場合が大半である。しかしショップの店頭や雑誌の評価記事で強調されるのは往々にして「商品」としての性格であり、「道具」としてのソフトウェアの本質部分に関る評価を一般ユーザが目にすることは少ない。本書は、「商品」「道具」という異なる二つの顔を見せるパッケージソフトウェアの姿を分析・紹介することにより読者に知的興奮を覚えさせることを目的とする。タイトル「ソフトウェアの謝肉祭」は、作曲家サン・サーンスが数種類の動物を音で描写した「動物の謝肉祭」にちなんだものである。あくまで読んで楽しめる内容とすることを第一義としており、パソコン書的な実用性は追求しない。

章タイトル
第1章:OS・空気のような存在であるべきなのに最もでしゃばるもの
第2章:ブラウザ・大いなる知識への扉か災いの入り口か
第3章:メーラー・無理に着飾らされる縁の下の力持ち
第4章:ワープロ・9割の才能を眠らせる才人
第5章:表計算・多数の求婚者に囲まれた男ぎらいの令嬢
第6章:メディアプレーヤー・許可なしにうごめく怪しの影
第7章:セキュリティソフト・幸福の名のもとに支配する戦神

と、まあこんな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

お勉強

オタの人はおおむねお勉強が好きだ、と思うようになってきた。

いわゆる萌えブームで変な本がいろいろ出たけど、結局のところ可愛い女の子の絵が入っていればそれでいいか、というと、見事に失敗している本とか割とある(このページの左っかわ参照)。絵だけで売ろう、と思った場合、よっぽどの大物絵師さん連れて来ないと無理みたいですな。

で、うまくいってる本を見ると、ごくマジメにお勉強的要素が盛り込まれてたりする。ネット内でも、歴史ものとかのお勉強コンテンツは結構もてはやされてるし。

なんでオタの人がお勉強したがるのか悪意をもって解釈すると、それしか己が他に誇れるものがないからじゃ、とか言えるけど、やっぱり根が真面目だから、と解釈した方が無理がないみたいです。

つーことで、自分の仕事にその知識をフィードバックさせよう、てなことになるんですが、エロ小説にどうやってお勉強の要素を入れようかねえ。まさか小説で性教育やるわけにもいかんし。

やっぱお勉強と似たような感動を与える要素を盛り込め、といことになるんでしょうな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« July 10, 2005 - July 16, 2005 | Main | July 24, 2005 - July 30, 2005 »