« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »

December 09, 2005

例のブツの状況

ほとんど内情暴露みたいなもんだけど、「まるくすタン」なる本は、「えろたんより売れるから多く刷れ」とかワタクシが言ったのでごにょごにょな部数刷ったんだけど、特に大手取次が冷淡だったので、結構在庫残ったんですよ。

が、アキバブログさんに取り上げてもらったおかげで、秋葉原の店舗ではよーけ売れ、アマゾンでは品切れ、という状態になりました。昨日今日ぐるっとアキバの書店回って来たんだけど、もうあんまり残ってないみたい。買うなら今だ(さりげない宣伝)。

しかしまあ、全国相手の大手書店ではまだ扱いが冷淡で、返本も結構あるとのこと。

だもんだから現在、欲しい人の多い所にはなく、どーでもいい所に結構ある、という資本主義的にはあんまりよろしくない状態になっているんですね。これは改めなければいけないわ!(おい)

で、最後にちょっと秘密の話ですが、秋葉原近辺でこの本が一番数揃ってるのは、実はうちの会社の事務所だったりするんですよね。貰いにくる人がいたらあげるかもよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 08, 2005

愛ルケに驚く

嫁がネット株やり始めてから日経新聞を取るようになり、イヤでも最終面のアレを見るようになってはや半年となった。ええ、愛の流刑地の話です。

まあ、新聞取り始めてから数日でもってヒロイン絞殺というクライマックスシーン(ヒロイン自身もほんとにいってたが)を見せられてしまったんで、その後ずっとネタとして生暖かく鑑賞させていただきました。

が、その愛ルケの本日分で明かされたヒロイン冬香の正体にワタクシは衝撃を受けてしまいましたのですよ。

見合い結婚。子供三人。自分は37。亭主は42……って、これ来年のうちの家族構成とそっくり同じじゃん。そうかー!冬香のモデルはうちの嫁なのかー!!

が、ただ一つだけ違っていたのは、亭主がすでに怪しげなものかきであるため、敢えて別のあやしげなものかきと不倫する可能性はまるでない、ということであった。

……喜ぶべきか悲しむべきか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2005

次か。

先月末に出したバカな本「まるくすタン」がネット書店でだけ売れた。現在アマゾンでは品切れらしい。

で、こういうバカな本の需要が微妙にある、とわかったので、続いて何か作ろうと思った。今度もやっぱり、史実にある程度準拠して阿呆なことをやる、というパターンになるのではないかと。

時期的にハマりそうなのは、司馬遼御大の「坂の上の雲」っすよね。で、上野の自宅から秋葉原の仕事場に行く途中、ずっと「坂の上の雲、坂の上の雲……」と念仏のように繰り返してたんですよ。そーすりゃ、何か韻を踏んだ妙なフレーズが涌いて出てくると思ったんで。

で、出たんですが、それっては「坂の上のウホ」というもの。

……敢えて出版すると騒ぎにはなりそうだが、果たして出せるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »