« April 23, 2006 - April 29, 2006 | Main | October 22, 2006 - October 28, 2006 »

May 07, 2006

国歌の話

かのソ連邦がぶっ潰れた時、ワタクシは何をやったか、つーと速攻でCD屋に走り、「世界の国歌」というCDを買った。

ソ連邦国歌は結構荘重な調べで聞き応えがあるものだったし、国が潰れりゃ国歌も消滅してしまうんで滅多に聴けなくはっちゃうでしょ、てのがその理由だった。

が、その国歌はその後歌詞だけ替えてロシア連邦国歌として復活しちゃったんですよね。

旧ソ連ちゅーと元はコミンテルンの総本山ということで、革命に名を借りた世界征服を堂々と基本スローガンに掲げていた、他のほとんどの人にとっては悪の秘密結社ショッカーと同値の存在だったわけですが、歌詞を替えたとはいえその組織を称える歌を、形だけでも「民主主義国家」になったロシアが採用するというわけですよ。

当然、かつて征服された、もしくは現在進行形で征服されている国家からクレームの嵐が……と思いきや、これがほとんどなかったそうで。てか、日本という国においてはそんなこと知っている人の方がものすごく希だったりするわけですよ。

こーやってみると、日本の国歌問題つーのが、いかに世界から見るとどうでもいいことで、クレームつけることが異様であるか、てのがよくわかりますな。

ちなみに、個人的意見を言えばあたしゃ「さくらさくら」の方が国歌には合ってると思ってるんですが。法で制定されている以上現行の国歌に対しては敬意を払うべきであるとも考えております。

| | Comments (106) | TrackBack (3)

« April 23, 2006 - April 29, 2006 | Main | October 22, 2006 - October 28, 2006 »